読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAN ANTONIO SPURS ONLY

スパーズファンのブログです。Twitterもやってます。rei(@sareim9)

17.04.10 @POR

SAS 98 - 99 POR  Box

 

f:id:sareim9:20170411223428j:plain


調整試合。主力は20分前後の出場。

この際、勝敗は置いときましょう。最後のプレーも、ね。

ポッププレーオフの準備に必要なものが得られたか聞かれて

"Oh yeah, yeah. Everybody’s just trying to sharpen up as much as possible before the playoffs. There’s always some good, always some bad to work on."

"The playoffs are a lot more physical, and the aggressive team is gonna get the calls. If you’re not aggressive, you just fall by the wayside. They can’t call everything. So if you’re physical, it just works out better. If you’re just walking around and all of the sudden you hit somebody, it’s pretty noticeable."

"We’ve always only had one goal. That’s to be the best we can be by playoff time. We’ve never had any goals about winning games, or this, that or the other during the season; just try to keep improving and be the best you can be by the time the playoffs come. It’s never changed."

グリーンプレーオフに向けて

"A lot of times, you’re never really there mentally (satisfied). You’re never satisfied with it. There were times in the past where we knew. Like, we were clicking, we were playing pretty good basketball and we had a good shot. We still think we have a good shot. But we don’t think that we’re mentally ready. Our focus, I don’t think we feel like we’re there, like we’re where we want to be."

ミルズ

"I think we’re focusing on different ways, and I think that’s been our mindset the last couple of games. The playoffs are a different beast, and then we need to be able to adjust on the fly, and that’s what we’ve been doing, testing things out. Different adjustments throughout the game. Memphis especially is very physical. So we need to be ready if things change or the game plan changes. That’s what the playoffs are all about."

 
主力が全員揃ってプレーオフに出られること、特に不調に悩ませられている選手もいないこと。この2つが揃っているだけでも良い状態でプレーオフを迎えられると言ってもいいんじゃないでしょうか。

あとは1stラウンドでどれだけ勢いづけられるか、プレーオフを勝ち上がるにつれて更にチームが仕上がって強くなっていくのかが楽しみです。ポップが以前言ってたように、強いと思ってたチームがあっさり負ける場合もあれば、その逆もあるらしいので、ほんとに始まってみないと分かりませんけどね。

とりあえず最終戦はグリズリーズと同じディフェンシブチームのジャズなので、手応えを残してレギュラーシーズンを終えてもらいたいです。

 

17.04.08 vsLAC

LAC 98 - 87 SAS  Box

 

f:id:sareim9:20170409190613j:plain


完敗。今シーズンクリッパーズ相手に1勝3敗。1,2回戦で当たらなくてよかったー。

ポップ

"Our execution at both games, defensively and offensively, was very poor. I'm looking forward to the next two games. Nobody's going to rest. Everybody's going to play. We already rested everybody, and we have days in between now. It's like the playoffs, kind of. There's no back-to-backs. There's no bad travel or anything like that, so it's time for rhythm and that sort of thing. Hopefully, we'll play better next week."

オルドリッジ

"It's towards the end of the season, we're getting ready for the playoffs, so guys have got to turn up the toughness, the physicality out there. I think we didn't bring it tonight, and they did. No excuses. They came in here, and they wanted to fight for home court. So they played harder than us tonight. I thought guys competed, but it's time to turn it up another level, for sure."

レナード

"Playing Portland, them being in the eighth seed trying to secure their position, that's going to be tough playing them at home. These are the types of games we want to play. We just don't want to walk over teams. We want teams to give their full effort, and we need to as well. It's going to be a great last two games for us."


残り2試合は休まず最終調整するようです。調整というよりむしろプレーオフに向けて勢いづくような試合をしてほしいですね。次戦のブレイザーズは、その時点でプレーオフが確定してなければ本気で向かってきますし、その次のジャズはホームコートアドバンテージが掛かっている試合かもしれないので両チーム侮れません。

 

17.04.07 @DAL

SAS 102 - 89 DAL  Box

 

f:id:sareim9:20170408210654j:plain


フォーブスキャリアハイ27得点。

素晴らしき積極性。積極性がありながらも、適切なセレクションでショットを打っていましたし、無駄打ちもほぼなく得点を積み重ねていきました。

フォーブス

"We only brought eight guys, so I expected to play a little bit more. It was easy to get in a rhythm that way."

"Be aggressive. That’s pretty much the only thing that was said to me the whole time. My teammates tell me that too, so it gives you the confidence to come out and just play."

 

今日の積極性の背景には、先日のレイカーズ戦の出来事があるようです。スリーを打てる場面で打たなかった時、ポップはフォーブスにこう怒鳴りました。

"Bryn!  Shoot the ball! That’s what you do! Shoot the damn thing!"


ミルズにも言えることですが、PGとしての役割とシューターとしての役割を両立させるのは非常に難しいことだと思います。積極性と乱発は紙一重ですしね。極論を言えばセレクションが悪くても入れば問題ないので。まぁ悪いセレクションでも決め続けられる選手なんかほぼ居ませんけど。

現在フォーブスのNBAでのスタッツは、FG% 37.2  3P% 32.7です。

では、大学4年次のスタッツが、FG% 48.1  3P% 48.1、Dリーグのスタッツが、FG% 50.2  3P% 45.9 という高確率シューターがNBAで苦戦している理由は何なのでしょうか。

もちろん相手ディフェンスのレベルが違うというのが大前提ではあります。ですが、個人的に思うのが、フォーブスはグリーンのようなスポットシューターとは違い、自分のリズムでショットクリエイトするタイプのシューターというとこです。

NBAと大学・Dリーグではアテンプト数に圧倒的な差があります。NBAでは主にガベージタイムでの出場なので、FGA 2.8  3PA 1.4。対して主力として出場している大学ではFGA 9.8  3P% 6.7、DリーグではFGA 16.6  3PA 6.4 です。

プレータイムが多く、ボールを持つ機会が多く、アテンプトが多いと、自分のリズムを掴みやすいと思います。なので、フォーブスみたいなシューターは現状のような短い時間で結果を出すのが難しいんじゃないかなという考えです。同じタイプのミルズもNBAでのキャリア序盤は少ない出番で苦戦していましたし。

その少ない出番で結果を出せる選手がNBAで生き残れるんでしょうけど、才能のある選手なので辛抱強く使ってほしいなと。そんな中で今日のように結果を出してくれるはずです(願望)。来シーズンは今のところ無保証ですので、切られる可能性もある反面、ミルズが出ていった場合は貴重な戦力としてローテーション入りできるチャンスが訪れるかもしれません。

残り試合は来シーズンへのテストにもなり得るので、とにかく今は数少ないチャンスを今日のように活かせるように頑張ってもらいたいですね。