SAN ANTONIO SPURS ONLY

スパーズファンのブログです。Twitterもやってます。rei(@sareim9)

16.11.14 vsMIA

MIA 90 - 94 SAS  Box

 

 試合の入りは珍しく良好。スタメンは前の試合に続いて良いバスケをしてるので見てて楽しいです。パーカーとグリーンが復帰してから、あぁこういうのが見たかったんだよなぁ...というプレーが攻守で増えました。オフェンスではパーカーが、ディフェンスではグリーンがレナードの負担を減らし、チームとしては以前よりレナードに偏りすぎずボールを共有できてるんじゃないかと思います。

ガソル

"We had a little better balance. We’re moving the ball better. The first seven or eight games of the season, it was a lot of one-on-one, a lot of isolation. We were 19th or 20th in the league in assists. We’ve picked that up the last couple of games and it’s paid off. We have a lot of guys that can score, put the ball in the hole and make plays. Ball movement will be a huge point for us going forward.”

スタメンにオールスター経験者が4人存在し、どこからでも攻められるにも関わらず、その中でもベストショットを探す。そんなバスケがつまらないはずありませんね。

 

ディフェンスではグリーンの存在がデカすぎます。オンボールディフェンスだけでなく、ヘルプディフェンスで今日も何度もチームを救ってくれました。ポップはいくらグリーンのスリーが調子悪くてもスタメンで使い続けます。その方針はずっと変わらないほどグリーンのディフェンスに対する信頼は厚いです。

 

グリーンが復帰し、カイルがローテーションから外れてしまいました。スモールラインナップや相手によっては使うのでしょうが、現状ではシモンズを優先して使っています。2人に決定的な差があるとは言い難いですが、とりあえず2人ともアウトサイド打てるようになってください...

 

試合は後半からヒートのディフェンスがよりタイトに、エネルギッシュになりスパーズを追い詰めました。先日の試合でも思ったのですが、ウィンズロウはかなり良いディフェンダーですね。レナードが結構苦しめられてますし。

スポルストラHC

"Second half was probably one of our better defensive halves and we've had some really good defensive halves in games this year."

 

苦しみましたがとりあえずこれでホーム勝率を5割(3-3)に戻しました。アウェイは全勝(5-0)。次は前回勝ったものの、カズンズにかなりやられたキングスです。

 

・インタビュー

ポポビッチ

"We lost focus in the third quarter with eight turnovers. I thought their pressure was good and we didn't react to it very well."

ガソル

"We did well to play through the contact most of the time. It was a little scrappy, but we kept our composure for the most part."

レナード

"We've been playing pretty good on the road. It's the home games that have been bothering us. It's always tough to play on the road. We've just got to focus in as always."

 

 

~オースティンスパーズ~

16.11.13 vsOKL  Full Game

OKL 118 - 95 AUS  Box

 

オースティンの試合も始まって見てるのですが、1つの記事にするほどでもないのでスパーズの記事に付け加えるかたちで書こうかなと。結果とスタッツだけ書く試合もあると思いますけど。

 

SASからはベルタンス、マレー、フォーブスが派遣。3人ともほとんどチーム練習には参加してないので仕方ないかもしれませんが、その3人がチームワーストのプラマイ(-24, -28, -30)。

 

ベルタンスは前半にスリー6本含む22得点あげるものの、後半は0得点。マレーはプレーメイク、トランジションオフェンスなどで良いシーンをいくつか見られましたが、やはり課題はジャンプシュートでしょうか。いくらポテンシャルがあってもPGは何よりも試合経験が大事だと思いますし、大学で1年しかプレーしてないマレーにとってDリーグはこれ以上ない場ですね。

 

全体的にディフェンスが軽い中、相変わらず厳しくディフェンスできていたのはガリーノ。相手のTOを誘い、速攻に持ち出しイージーショットを決める場面が何度もありました。NBAで見たかったな... どうせ近いうちにどこかに拾われるでしょうけど。

 

内容はともかく、ガリーノ、リビオ、エディとか久しぶりに好きな選手たちを見れて楽しかったです。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com