SAN ANTONIO SPURS ONLY

スパーズファンのブログです。Twitterもやってます。rei(@sareim9)

16.12.08 @CHI

SAS 91 - 95 CHI  Box

 

アウェイでの連勝ストップ。

 

ポップ

"Our opponents have outplayed us physically and execute-wise in most first halves for most of the season, and somehow we pull it together in the second half and play harder and smarter than we did in the first half."

"We got it to four, then some execution mistakes. That's the disappointing part, that we're not a very consistent team and we haven't learned as a group the game is 48 minutes. We also have some people playing very poorly. You have to participate in your own recovery. Some players have to play better."

"Guys get a lot of money to be ready to play. If you're a basketball player, you come ready. It's called maturity. It's your job."

ポップも今シーズンの試合の入り方、前半の戦いぶりには感心しておらず、ほとんどの試合で後半のほうがフィジカル且つスマートにプレーできていることを認めています。高い金貰ってんだから試合に入る準備をしろと。バスケットボール選手なら当然のことだと少々お怒りのご様子。

 

選手たちはこれらのことをどう考えているかというと、パーカー

"I don't know what's going on."

"It's been almost the whole season. I don't know why we have slow starts. We just have to respond; everybody, individually and make sure we play for 48 minutes. Everybody has to do more to make sure we have good starts; make sure we bring more energy, more juice, and we have to get excited. You've got to want it at least the same as the other team."

グリーン

“I think everybody is pretty frustrated. Obviously we have to do something to change it. We’ll see what happens.”

“It’s taking us a little bit of time to get in rhythm. I think it’s us trying to get used to other teams, instead of doing what we do. I think we’re sitting back and letting them do what they do and feeling them out, instead just playing our game.”

“We’re kind of adjusting to them. I think we should take a different approach.”

レナード

"Like any coach, he wanted us to play harder."

"He felt like we only played hard for 24 minutes in the game. We've just got to bring energy. We just want to play better, play hard, smart. It's not gonna just happen. There's gonna [have to] be some carryover going into two, three, four, five games and then gradually it becomes second nature."

ポップの言う試合の準備、入り方というのはメンタル要素が大きい問題ですし、選手たちは明確な解決策を持っているわけではありません。もちろん選手たちも好きで不甲斐ない試合の入り方をしているわけではありませんし、準備を怠っているわけではないでしょう。

 

そもそも試合に入る心の準備という面に関して言えば、スターターのほうが難しいと思います。ベンチプレイヤーたちは、試合を見ながら気持ちを高めることができますし、負けていれば自分が流れを変えようという意気込みでコートに入ることができます。しかし、スターターは遠征の疲れであったり、連勝中ならば気の緩みがあったり、そのようなことが特に試合開始直後は表れやすい気がします。そんな状態で相手が開始からアグレッシブにこられると面食らってしまうというわけです。

 

それにしても、スターターは5人とも経験豊富なメンバーなので、技術的・戦術的なことならまだしも、今回のような問題は心配するほどのことでもないかなぁと個人的には思います。そして戦術的なことで言うと、今シーズンは新加入が多いし、それにまだ23試合しかチームとしての経験がないわけです。

レナードが言うには、

"You could see it in our games. Sometimes our offense is stagnant, our defense isn't moving well or in our help positions."

"We have a big playbook on the offensive end. It's just hard to learn it. It was hard for me to learn it. I didn't get it down until probably my second or third year. We've just got to keep giving a consistent effort and being into the game and into our playbook and just keep moving from there."

と、スパーズのプレイブックを頭に叩き込むのに2,3年は掛かったようです。ルーキーのレナードよりは、ベテランのガソルやリーのほうが飲み込みはもちろん早いでしょうが、シーズン序盤で戦術が完全に浸透しているわけがありません。ましてや、ベルタンスやデッドモン、カイルやシモンズだってまだまだ学んでいる段階でしょう。

 

スパーズは今シーズン序盤、かなり日程的に厳しく、アウェイや連戦が多い状況です。それにより休養を優先させ、11月7日以降本格的なチーム練習を行っていないそうです。そんな厳しい日程の中、18勝5敗と好成績。十分なスタートではないでしょうか。

 

まだまだ新生チームとしての伸びしろは十分にあるでしょうし、これから日程的にも落ち着いてくるので、練習と試合を重ねてチームとして強くなることを期待します。