読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAN ANTONIO SPURS ONLY

スパーズファンのブログです。Twitterもやってます。rei(@sareim9)

17.01.05 @DEN

game

SAS 127 - 99 DEN  Box

 

快勝快勝!

ポップ

"We played better. We played defense. We made shots. We didn't turn it over. (Thirty four) assists for a game is a good indicator you're going to do pretty well."

 

最近オルドリッジが本来のスコアラーとしての積極性を出すことで、他の4人にも良い影響を及ぼしてるのが目に見えますし、それによって5人が日々噛み合っていくような感じがして楽しいですね。

 

パーカー、オルドリッジについて

"It's great when we establish LA like that. Feel like he's gaining confidence. I don't know, it feels like the last three or four games, he's getting in a great rhythm."

"He's a great shooter, a great scorer. When he plays like that, it forces double-teams and makes everybody's job easier."

オルドリッジ

"We still have work to do. It's looking more promising now. Guys are definitely getting more comfortable."

 

チームは着実に良い方向に進んでいるようですし、スタメン5人(パーカー グリーン レナード オルドリッジ ガソル)のラインナップスタッツは、

【シーズン(19試合)】

OffRtg 111.4  FG% 50.2  3P% 42.7  Ast% 62.4  

①1~14試合

OffRtg 107.0  FG% 48.8  3P% 40.2  Ast% 61.1

②最近5試合 

OffRtg 134.7  FG% 57.7  3P% 51.6  Ast% 67.6

と、数字からもチームオフェンスの完成度の上昇が伺えます。

 

この数字の上昇は、チームオフェンスをコーディネートする役割であるパーカーが好調であることも大きな要因だ思います。試合後、ポップはパーカーにオフェンスを一任していると話します。

“He’s like Avery (Johnson). At some point, you stop coaching him. You let him just go play. I’ll call plays and sometimes he’ll countermand it and run something else, and that’s fine. He’s been here long enough.”

ポップはパーカーに口を出さないこともあれば、パーカーはコート上の判断でポップがコールしたプレーとは別のプレーをすることも可能であると。新人やプレーメイクが得意でないPGには与えられない権限なのでしょうが、実績もあり、ポップと長い年月を共に戦ってきたことに対する信頼なのでしょう。

 

ポップのコメントに対して、パーカー

“I felt like I came a long way, as a point guard – controlling the tempo, controlling the team and knowing when to get shots for LaMarcus and Pau and Kawhi and Danny (Green), making sure everybody’s happy. I feel like I’ve gotten a lot better in that area.”

 ポップ

“(Tony) was always more of a scoring guard. Avery (Johnson) was a distributor right from the beginning. Tony’s done a great job coming down that road towards Stockton and towards Avery. Now it’s showing up and it’s good for us.”

かつてはスピードを活かしたスラッシャータイプのPGだったパーカー。もちろん今でのその一面はありますが、あの時点で将来、近年のような “floor general” と呼ばれるような選手に成熟すると予想できた人は居たでしょうか。ポップの口からエイブリーやストックトンと並んでパーカーの名が発せられる日が来るとは想像もつきませんでした。

 

誰しも年齢や怪我による衰えには勝つことはできませんが、それに伴い変えざるを得ない役割やプレースタイルを受け入れることで、16年目の34歳でも強豪チームのスターティングPGとして活躍できるすごさを感じます。本人はあと5年?やりたいとも言ってますし、まだまだこれからも衰えと戦いながら生き抜く姿を見届けたいです。