SAN ANTONIO SPURS ONLY

スパーズファンのブログです。Twitterもやってます。rei(@sareim9)

17.01.24 @TOR

SAS 108 - 106 TOR  Box

 

レナード、パーカー、ガソル、シモンズが欠場。相手もデローザンが居なかったとはいえ、よく勝てましたね。強豪相手なのに接戦の4Qでルーキーが3人もコートに立つという珍しい光景も見られました。クロージングに関しても今日はジノビリではなくマレーを選択。

ポップ

“Dejounte had a great second half, playing professionally and within the system, not trying to do anything special and just playing with his teammates.”

ルーキーとしてではなくスパーズの1選手として認めているような発言ですね。起用法を見てもそう感じますし。あとはパーカーが戻ってきた時にどう使っていくのか。ベルタンスとマレーも与えられた時間の中で適切に自分の仕事をこなしていましたし、今年のルーキーは頼もしいですね。もうすぐ恒例のロードトリップがあるので、その期間はベテランを休ましつつルーキーたちの出番もまた増えるかもしれません。

 

ミルズ、ルーキー3人について

“They’re all working hard. They all put in the work to understand the system, to understand the plays. The best part is that we all have confidence in them. We see how hard they’re working, and it’s good for us to give them confidence. They go out there and they’ve done a great job this whole road trip holding down the fort.”

“Great experience for them to get meaningful minutes in crunch time and execute and just feel how the game is being played in that moment. It’s a good experience for them to get under their belt and there will be other opportunities throughout the season. It’s a learning atmosphere here with the Spurs and it really gives you a chance to learn and develop your game and this is just part of it.”

 

ルーキーにとって何よりも大切なのは試合に出ることだと思います。それがDリーグよりNBAの試合だとより良いでしょうし、相手が格下よりも強豪、ガベージタイムよりも接戦、というようにレベルが高く緊迫した試合であればあるほど成長に繋がることでしょう。そういった意味では、ベテラン中心のスパーズの中で、29位/42位/ドラフト外のルーキーが出場機会を得るのは容易いことではないので、キャブス戦に続いて貴重な機会だったなと。

 

個人的に見ててほんとにワクワクするのがベルタンス。サイズあってアスレチックでスリー打てるなんて楽しいに決まってます。ゆくゆくはNBAのストレッチ4の中でトップになってほしいなぁと期待しております。シュートはもちろんのこと、PFなら軽くぶち抜けるドライブ、そしてそこからパスもさばける視野。サイズがあって動ける選手が活躍してる昨今のNBAですが、ストレッチ4すなわちPFとしてここまでアウトサイドと機動力を両立できる選手はなかなか居ないのではと思います。あとは相手のPFに対してポストで穴にならないくらいのディフェンスができるようになるとプレータイムも伸びるのかなと。最後にハイライトでも貼っておきます。

www.youtube.com

 

◎オースティンスパーズ、ホリス・トンプソンを獲得

austin.dleague.nba.com

シクサーズとして4シーズン目であったホリストンプソンですが、今月初めに解雇されました。そしてトンプソンのDリーグでの権利を保有していたウィンディシティブルズとオースティンスパーズとの間でトレードが成立。

ホリストンプソン(WCB) ⇔ ジャレルエディー(AUS)

エディーは好きだったので惜しいですが、シクサーズとは言えNBAのローテーションメンバーとして活躍していた選手なので期待したいところです。