SAN ANTONIO SPURS ONLY

スパーズファンのブログです。Twitterもやってます。rei(@sareim9)

オフシーズンプレビュー

シーズン終了とともにFAに関する噂がちらほら出始めましたね。誰に来てほしい、どんなチームにしてほしいなど言い出したらキリがありませんが、とりあえずスパーズロスターの契約状況とサラリーを整理したいと思います。


①【保証契約】

LaMarcus Aldridge    $21,461,010
Kawhi Leonard          $18,868,625
Tony Parker               $15,453,126
Danny Green             $10,000,000
Kyle Anderson             $2,151,704
Dejounte Murray          $1,312,611
Davis Bertans              $1,312,611

②【無保証契約】

Bryn Forbes                ($1,312,611)

③【プレイヤーオプション】

Pau Gasol                ($16,197,500)
Dewayne Dedmon     ($3,028,410)
David Lee                  ($2,328,652)

④【FA】(キャップホールド)

Manu Ginobili          ($21,000,000)  バード
Patty Mills                 ($6,800,001)  バード
Joel Anthony             ($1,471,382)  ノンバード

⑤【制限付きFA】(クオリファイングオファー)

Jonathon Simmons   ($1,671,382)  アーリーバード

⑥【2017年ドラフト1巡目指名選手】29位 120%ルーキースケール

????? ?????              $1,404,600

⑦【2015年ドラフト1巡目指名選手】(キャップホールド)

Nikola Milutinov         ($1,465,920)

⑧【ウェイバー】

Tim Duncan               $1,881,250
Livio Jean-Charles     $1,035,200


来シーズンのサラリーキャップは現状$101,000,000と予測されています。

・フォーブス残留
・プレイヤーオプションを3人とも破棄
・ミルズ再契約なし
・ジノビリのキャップホールドをリナウンス(現役続行でもルームやミニマムで契約と仮定)
・アンソニー再契約なし
・シモンズ再契約なし
・ミルティノフオリンピアコス残留

と出来るだけキャップスペースを空ける仮定をします。そうすれば、
① + ② + ⑥ + ⑧ = $76,193,348 (ロスター9名) となり、
$101,000,000 - $76,193,348 = $24,806,652 が最大のキャップスペースとなります。(合ってるかな... 間違ってたらご指摘ください。) また、トレードを使って更にスペースを空けることも可能です。

そのキャップスペースと例外条項を使って残りのロスター6名を埋めていくわけです。もちろんこの仮定はキャップスペースを空けるためのものなので、仮定で挙げられた選手たちの動き次第でキャップスペースとロスターは変動していきます。



<オフシーズンの注目の動き>

◎ジノビリの進退

39歳。プレーオフでは大活躍でしたが、年々パフォーマンスが当然ですが落ちてはいます。自慢のペネトレイトの数やフィニッシュ力も落ちていますし。それでも未だ2ndユニットの核として欠かせない存在なので、是非とも残ってほしいです。辞めないならルームかミニマムで契約といったところでしょうか。


◎ミルズ FA

年齢的にもキャリア最初で最後の大型複数年契約獲得のチャンス。ミルズの参考になりそうな去年FAだったPGの契約が、

・リバース 3年35M
・デラベドバ 4年38M
・リン  3年36M

といった感じなので少なくともこのくらいのオファーは複数から来そうです。スパーズ的には金額よりも、今後マレーとパーカーがいるのに複数年契約して3人のPGを持て余さないかが問題になりそうな気も。あとはパーカーの怪我が深刻で、ミルズではなく現在噂されているようなスタメン級のPGを獲得しにいくのかもしれません。


◎シモンズ 制限付きFA

シモンズに関してはどのくらいのオファーが来るか読めません。どんなオファーであっても、アーリーバード及びアリーナス条項でマッチできることはできます。ただ、ビッグオファーなら2年目以降のサラリーキャップへの負担が大きいですし、それに見合った選手へと成長するかは不明です。プレーオフで攻守における貢献度はかなり大きかったので、2ndユニットを支える選手になってほしくはあるのですが。1シーズン安定してプレーできるのか、特にアウトサイドのシュート面で不安があるので難しいところです。例外条項での契約になるので1年目に関してはほとんどキャップに影響しないので金額によっては思い切ってマッチする可能性もあります。


◎ビッグマン3選手のプレイヤーオプション

ガソル:約16MのPOはこのオフのキャップスペースを最も大きく左右します。

リー:怪我の具合も決断に影響するのでしょうか。

デッドモン:ローテーションを完全に外された心境はいかに。


◎指名済み海外選手

本人のインタビューや記者情報、ロスター状況を考慮して、一番スパーズに来る可能性が高いのはアダム・ハンガ(SG/SF)だと思います。今シーズンはユーロリーグのベストディフェンダー賞、スペインリーグの1stチームにも選ばれました。ジノビリやシモンズが抜ける可能性がある中、彼らほどのオフェンスクリエイトはできませんが、ディフェンスはピカイチです。

次点でジョルジオス・プリンテジス(SF/PF)。今シーズン、ユーロリーグ1stチームに選ばれたベテラン選手です。リーが去るならその穴埋めとしては最適かなと思います。スリーも打てますし、何と言ってもポストプレーが魅力です。ポストオフェンスの技術はユーロNo.1との呼び声も。

あとはニコラ・ミルティノフ(C)ですかね。ディフェンシブセンターなのでデッドモンが抜けた際には良いかもしれませんが、まだ若いのでもう少し成長してからでも遅くはないと思います。


◎ドラフト

例によって29位と59位の指名権を所有しています。ロスター候補の1巡目は去年マレーを獲ったのでPG以外かなとは思いますが、どのポジションも足りてない感はあるので全く分かりません。蓋を開けてからのお楽しみということで。


◎FA

ポールやローズなどの噂が出ていますが、どんどん噂に踊らされていきましょう。既存の選手がまだどう動くか分からないのに確定的な情報が出る段階でもありませんし。

 


ざっと整理してみましたが、今年はチームの意向はもとより、選手たちの気持ちがロスター編成を大きく動かしそうです。特にミルズやプレイヤーオプションのビッグマン3人。

プレーオフの結果を踏まえて、ビッグマン3人はスパーズに来て良かった、これからも居たいと思っているのでしょうか。ウエストのようにスパーズに見切りをつけて出て行ってしまうのでしょうか。



最後にオフシーズンの流れを書いておきます。

・6/22  ドラフト
・6/29  プレイヤーオプション(ガソル/リー/デッドモン)
・6/30  クオリファイングオファー期限(シモンズ)
・7/1  FA交渉解禁
・7/3-6  サマーリーグUTAH
・7/5  FA契約解禁
・7/7-17  サマーリーグVEGAS
・8/1  来シーズンサラリー保証$100,000(フォーブス)
・10/5-16  プレシーズン
・10/20  レギュラーシーズン開幕