SAN ANTONIO SPURS ONLY

スパーズファンのブログです。Twitterもやってます。rei(@sareim9)

17.10.23 vsTOR

TOR 97 - 101 SAS  Box

 

f:id:sareim9:20171025221517j:plain


スパーズの明るい未来が見えました。マレー最高。

16得点、6アシスト、14リバウンド。そんな数字もどうでもよくなるくらいディフェンスも素晴らしい。

マレー

"I just want to win. I got that winning in my (inside) and in my DNA. I just do anything to win. If I don't score a point, I'm going to go rebound. If I don't rebound, I'm going to try facilitate or I'm going to try to play defense. That's the thing that you've got to have."

そしてこのメンタリティ。

ゲイ、マレーについて

"He's just one of those guys that can do almost anything. I think he has a lot more to give. The sky's the limit to him."

グリーン

"Long, athletic, he’s got those arms. Defensively, he’s very active, deflecting passes, altering shots, chasing guys down and making him feel them. We’re going to need him to do that."

 

オルドリッジも因縁のイバカ相手に20得点。


あれから約3年。再び。


 

マレーがポップを制止してオルドリッジをなだめるところが最高ですね。その時にマレーがオルドリッジに言った言葉

"You’re on another level. Don’t worry about that. Keep playing your game. Don’t worry about that. Let’s win this game."

2年目にして、早くもフロアリーダーとしての存在感も示し始めているマレー。ミルズやパーカーもうかうかしてられないかもしれません。この1年でどこまで成長するのか。


そしてもう1人、今シーズン存在感を出しているグリーン。3&Dだけの選手ではなくなりつつあります。

グリーン

"I’m getting some decent looks and trying to stay aggressive while we have some guys out."

オルドリッジ、グリーンについて

"I always joke with him that he got better this summer. He’s putting the ball on the floor and he isn’t turning it over. He’s making plays off the dribble."

 
グリーンのオフェンス力の低さから、相手の一番ディフェンスに難がある選手(カリーやハーデンなど)がグリーンをマークするわけですが、グリーンがドリブルで仕掛けられるようになることによって相手の弱点をつくこともできます。グリーンが積極的に仕掛けるべきとは思いませんが、あくまでオプションの1つとして。

グリーンにまだこんなお楽しみ要素があるなんて思いもしませんでしたね。30歳のベテランがここにきてまだスキルアップしているのを見ると、ちゃんとオフに休んでるのかと心配になるレベルです。

次戦からアウェーが4戦続きますが、ベテランを休ませつつ怪我なく終えてほしいものです。